ちゃんととした知識のある人が行うべき

ちゃんととした知識のある人が行うべき

アートメイクは根っからあったものをきれいに見せたり、形を整えたりといいました美容目的で行われているものでしょうけど、刺青は根っからないでしたものを歴史や習俗などに基づいて入れられる美容目的以外のものです。そしてしまいました歴史的背景や古くから日本にある習慣ということもあって、刺青の彫り師には医師免許が必要ないと言い聞かされますが、美容目的で行われるアートメイクの技師には医師免許が必要だとされます。

きれいになりたいからこそ行われるアートメイクだからこそ、きちっととした知識のある人が行うべきとする判決は目的を達成やりたいお客を守るべき判決だと言えるものだ。アートメイクと刺青の違いには目的の違いもあるのです。

過去に東京地裁で下されました無資格でアートメイクを施してました技師に比較する判決で、判事が「刺青の彫り師に医師免許が必要か如何かの論争は今後検討させられるべき項目である」としてるのに対し、アートメイクの技師に対しては「アートメイクはその一般浸透性からみても医師免許が必要」と判決を下しているのです。